ベンチャー企業は、ITリテラシーが高い企業が多く、さまざまなツールを導入して快適な仕事環境を作ろうとします。

そんなベンチャー企業が業務効率化のために導入することが多いツールが、グループウェアです。さまざまな機能を備えているグループウェアは、人数が少なくて多忙なベンチャー企業に最適なツールになっているのです。

そんなベンチャー企業に人気のグループウェアは、3つあります。ここからは、ベンチャー企業に人気の3つのグループウェアを取り上げます。ベンチャー企業に勤めている方や人気のグループウェアについて知りたい方は、参考にしてください。

G Suite

日頃からGoogleのツールを使う人は多いでしょう。GmailやGoogle Calendarなどのさまざまな機能がひとつにまとめられているのが、G Suiteです。音声通話やビデオ通話にも対応しており、さまざまなコミュニケーションツールを備えています。コミュニケーションツールをG Suiteに集約できるので、効率的にやり取りができるでしょう。

また、WordやPowerPointに変わるドキュメントやスライドなどのツールも備わっています。ドキュメントやスライドは共同編集できるので、複数人で同時に作業を進められるのです。パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォン用のアプリもあるので、どこでも快適に情報へアクセスできます。

Office365

ビジネスパーソンなら誰でも使ったことがあるツールがWord、Excel、PowerPointです。そんなOfficeアプリケーションを中心にさまざまな機能を備えているのが、Office365です。

ベンチャー企業でもWord、Excel、PowerPointは必須のツールになっています。常に最新のOfficeアプリケーションを使用できるので、アップデートやセキュリティ面にも不安はありません。

Office365は、他のグループウェアと比べて、メールやオンラインストレージの容量が大きいので、コミュニケーションを十分にとれます。Officeアプリケーションを中心にビジネスをしているベンチャー企業に人気のグループウェアです。

LINE WORKS

LINE WORKSは、プライベートで使っているLINEとは別のアカウントで、ビジネスアカウントを利用できます。プライベートとビジネスを分けることができるので、ストレスなく利用できるでしょう。

また、トークの機能だけでなくファイル共有機能やカレンダーなども備わっているので、グループウェアとして基本的な機能はすべて利用でいます。社内で使えるとと便利なアンケート機能やプロジェクトごとに作成できるグループ機能も備わっているので、便利な機能が多くあるのです。

LINE WORKSには、フリープランも用意されています。無料で使えるので、テスト感覚で利用できるのです。ベンチャー企業にとって、資金の使いみちは慎重に考えなければなりません。だからこそ、フリープランを用意しているLINE WORKSは、人気になっています。

ベンチャー企業に人気のグループウェアを導入してみよう

ベンチャー企業に人気のグループウェアを比較してきました。

G Suite、Office365、LINE WORKSは、ベンチャー企業に人気のグループウェアです。近年人気のIT企業がベンダーのグループウェアなので、業務効率化についてよく考えられて作られています。

だからこそ、多くのベンチャー企業が使っているのです。ベンチャー企業に勤めているなら、ここで紹介したグループウェアの導入を検討してみてください。